歯科衛生士求人をお探しなら人気の歯科医師求人専門サイト 歯科求人.comへ

患者さん向け待合室で読める1・分・間コラム~nico 2021年10月号より~

2021年10月号

nico 2021年10月号(新聞クイント11月号掲載分)
『歯ぐきが下がってきたあなた。こわ~い根面のむし歯にご用心!』より 久保至誠(元 長崎大学准教授)

nicoの購入はこちらから

 歯周病や加齢などにより、歯ぐきが下がりはじめるシニア世代にいま増えているのが「根面のむし歯」(根面う蝕)。歯ぐきが下がって露出した歯の根にできるむし歯のことで、放置するとせっかく残せていた歯を失いかねない怖い病気です。実はこのむし歯は、ふつうのむし歯と違い非常に厄介。歯科も対応に苦慮しているのです。   


根面のむし歯が厄介な6つの理由

①早期の発見が非常に難しい
 噛むところ(歯冠)のむし歯はできはじめは白く濁るので、患者さんにもそれとわかります。ところが、根面の象牙質はもともと黄みがかっていて、できはじめのむし歯は白く濁りません。うっすら色が変化する程度なので、発見は非常に困難です。
②自覚症状がほとんどない
 根面のむし歯には、「しみる」「痛い」といった自覚症状はほとんどありません。患者さんがむし歯になっていることに気づかないまま進行しているケースも多いです。
③セルフケアが難しい
 根面は歯ブラシが届きにくい場所で、磨き残しが多くなりがちです。当てているつもりでも当たっていない、ということがよくあります。
④象牙質は酸に弱い
 根面の象牙質は、歯の噛むところを覆うエナメル質より酸に弱く溶けやすいため、細菌の出す酸の影響を受けやすいです。
⑤治療が難しい
 根面のむし歯が進行している場合、うかつに器具を当てると歯が折れる危険性があります。また、むし歯が歯ぐきで隠れたところに広がっているせいで器具が物理的に届かず、むし歯部分を除去するのも詰め物をするのも困難なことがあります。
⑥治療後も長持ちしにくい
 根面のむし歯が広がっているとき、神経を取る歯の根の治療をして、被せ物を入れることがあります。こうした場合、「歯周病によりあごの骨が減っている」「それにともない歯ぐきより上に出ている部分が増えて歯のバランスが悪くなっている」「根の歯質が減っている」「神経が取り除かれている」などの理由から、どうしても予後が悪くなります。

* * *

 このように厄介だからこそ、根面のむし歯には予防と進行抑制が重要です。そしてそのためには、歯科の定期受診が欠かせません。最近、歯ぐきが下がってきたことに気づいたあなた。根面にむし歯ができていないか診てもらうために、もしできていたのなら早期に進行を止めてもらうために、定期的に歯科を受診しましょう。   

歯科医師求人のことなら【歯科医師求人専門サイト 歯科求人.COM】 概要

サイト名 歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士求人サイト 歯科求人.COM
所在地 03-5842-2270
FAX 03-5800-7597
メールアドレス info@quint-j.co.jp
URL http://quint-j.co.jp/shikaqjincom/homes/
業務内容 歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士の求人サイト
日本
都道府県 東京都
市区町村 文京区本郷

歯科求人を探している方向けのお役立ちコラム

歯科求人を探している方向けのお役立ちコラム一覧はこちら