歯科衛生士求人をお探しなら人気の歯科医師求人専門サイト 歯科求人.comへ

患者さん向け待合室で読める1・分・間コラム~nico 2022年12月号より~

2022年12月号

nico 2022年12月号(新聞クイント1月号掲載分)
『矯正治療が必要になることも! 歯が抜けた場所、放置してませんか?』より 米谷敬司(千葉県開業)

nicoの購入はこちらから


 歯周病やむし歯で歯を失ってしまったとき、目立つ前歯にはすぐに歯を補う治療を受けても、外から見えにくい奥歯の場合、治療を先延ばしにしてしまう方がいらっしゃいます。
 「部分入れ歯は違和感に慣れが必要っていうし、ブリッジは隣の歯を削るし、インプラントはお金がかかるし……」と迷われるのも無理のない話ですが、抜けた場所がそのまま長期間、放置されていると、「空いたスペースにまわりの歯が動いてきてしまう」ことがあります。


力のかかり方が変わり、歯が動く

 歯というのは、それ単体で今の位置に並んでいるわけではありません。唇、頬、舌からの力、隣り合う・噛み合う歯からの力、噛んだときの力、姿勢やお口の癖による力など、「外部から加わる力のバランスが取れる位置」に並んでいます。この力の均衡が崩れると、歯が動き、歯並びも乱れはじめます。
 たとえば、下の奥歯を1 本失った場合。失った場所をそのままにしていると、支えを失った隣の歯が、空いたスペースに倒れてきます。また、噛み合う歯を失った向かいの歯(上の奥歯)が、空いたスペースに飛び出てくることもあります。
 どちらも歯を失ってすぐに起こるわけではなく、数か月から数年のスパンで起こりますが、一度そうなってしまうと、いざ「入れ歯やブリッジ、インプラントを入れよう」と決めたとき、倒れてきた・飛び出てきた歯が治療の妨げになり、まずそうした歯を元の位置に戻す矯正治療を受けなくてはならなくなるのです。つまり、歯を補う治療を先延ばししていたために、さらなる治療が必要になってしまうわけです。


歯並び全体や全身への影響も!

 空いたスペースに歯が動いていったり、歯がない方で噛まなくなって咀嚼のしかたが変わると、歯にかかる力のバランスも変わります。そうした変化は、歯並び全体に影響するほか、歯の破折や顎関節症のリスクを高めます。また、歯周病で顎の骨が失われつつある歯に無理な力がかかると、歯周病が悪化しやすくなります。
 歯が抜けたところは噛みにくいため、よく噛まずに食べられる柔らかい食品ばかり摂るようになる、というのも問題です。柔らかい食品は炭水化物や砂糖の多い高カロリー食品ですので、それらが過多の食生活が続けば、メタボや糖尿病などの生活習慣病にもなりかねません。
 こうした事態を防ぐために、歯を失ったときは速やかに歯医者さんと相談して、補う治療を考えていくのが良いでしょう。


歯科医師求人のことなら【歯科医師求人専門サイト 歯科求人.COM】 概要

サイト名 歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士求人サイト 歯科求人.COM
所在地 03-5842-2270
FAX 03-5800-7597
メールアドレス info@quint-j.co.jp
URL http://quint-j.co.jp/shikaqjincom/homes/
業務内容 歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士の求人サイト
日本
都道府県 東京都
市区町村 文京区本郷

歯科求人を探している方向けのお役立ちコラム

歯科求人を探している方向けのお役立ちコラム一覧はこちら