3

歯科衛生士求人をお探しなら人気の歯科医師求人専門サイト 歯科求人.comへ

患者さん向け待合室で読める1・分・間コラム~nico 2023年3月号より~

2023年3月号

nico 2023年3月号(新聞クイント4月号掲載分)
『この親知らず、ホントに抜かなきゃいけないの?』より 今村栄作(横浜総合病院)

nicoの購入はこちらから


 歯医者さんが親知らずの抜歯を勧める場合、患者さんに自覚はなくとも「その歯がいま見えないところで悪さをしている」、または「将来的に悪さをする可能性が高い」と考えられます。どんな親知らずは抜いたほうがいいのか、代表的なケースをご紹介しましょう。


①隣の歯をむし歯にしている

 ・ 親知らずが傾いて生えていて、手前の歯(第二大臼歯)とぶつかったところをむし歯にしているケースです。親知らずがぶつかっているところは、食べかすが挟まりやすく歯ブラシも届かないため、むし歯になるリスクが非常に高いです。
・ 治療をしても、親知らずを抜かない限り、むし歯が再発します。


②歯並びに悪影響を与えている

 ・ 横に倒れて生えた親知らずが、第二大臼歯の側面にぶつかっているケースです。顎に親知らずが生えてくるスペースがないために起こります。
・ 押された第二大臼歯が隣の歯を押して、その歯がまた隣の歯を押して……と、将来的に歯並びを乱しかねません。


③隣の歯の根を失わせている

 ・ 横に倒れて生えた親知らずが第二大臼歯の根にぶつかり、根の部分的な喪失(吸収)を起こすこともあります。根の吸収が少ないうちなら、親知らずを抜けば第二大臼歯を残せます。
・ 患者さんには自覚症状がないことがほとんどです。顎の骨の中で起きているので、レントゲンを撮って初めてわかります。


④歯ぐきに炎症を起こしている

 ・ 中途半端に歯ぐきから顔を出した親知らずの周りは、深い歯周ポケットができているのと同じ状態。そのため、内部にプラーク(細菌のかたまり)が溜まり、炎症が起きて腫れたり出血しやすいです。
・ 抗菌薬で炎症が治まっても、一時的です。親知らずを抜かない限り再発します。
・ たかが炎症と思うかもしれませんが、親知らずは顎の最奥に生えている歯。位置的に咀嚼筋や咽いんとう頭、頚けいぶ部に近いため、炎症を繰り返すうちに顎の骨が骨こつずいえん髄炎になったり、身体に炎症が広がって蜂ほうか窩織しきえん炎になってしまう危険もあります。


⑤親知らずが病変をつくっている

 ・ 顎の骨の中に埋もれた親知らずが、まわりに嚢のうほう胞(液体が入った袋状の病変)をつくることもあります。
・ 嚢胞は年月とともに大きくなりますが、患者さんには自覚症状がないことがほとんどです。骨の内部の異常を発見するには、定期的にパノラマレントゲンを撮ってもらう必要があります。


歯科医師求人のことなら【歯科医師求人専門サイト 歯科求人.COM】 概要

サイト名 歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士求人サイト 歯科求人.COM
所在地 03-5842-2270
FAX 03-5800-7597
メールアドレス info@quint-j.co.jp
URL http://quint-j.co.jp/shikaqjincom/homes/
業務内容 歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士の求人サイト
日本
都道府県 東京都
市区町村 文京区本郷

歯科求人を探している方向けのお役立ちコラム

歯科求人を探している方向けのお役立ちコラム一覧はこちら